投稿

『どうして・・・』-詩

人は どうして
自分じゃないものを 求めるんだろう。
人は どうして
偽りの自分に なろうとするんだろう。

星の輝きは
すぐ足元にある筈なのに。

『いつか僕も』-詩

この世界には 見えないからこそ
美しいものがある。
この地球(ほし)には 消えてゆくからこそ
尊いものがある。

いつか 僕も それに触れられるだろうか。
いつか 僕も そこに辿り着けるだろうか。

『貝殻』-詩

私の涙も笑顔も
みんな この中に入ってるの。
私の過去も未来も
みんな この中に入ってるの。

ねぇ 君の貝殻の中には
何が入ってる。

『母からの贈り物』-詩

大丈夫 あなたを信じてる。
大丈夫 自分を信じなさい。
大丈夫・・・
遥か遠くで響く 母からの贈り物。

『それでも・・・』-詩

どんなに叫んでも 届かない想い。
どんなに願っても 結ばれない愛。
それでも恋は 恋。
それでも愛は 愛。

『君が好き』-詩

ただ まっすぐな君が好き。
ただ ひたむきな君が好き。
君の求めるものは 何ですか。
君の夢見るものは 何ですか。

『雪のような人』-詩

誰かの痛みを 優しく包む
そんな 細雪のような人になりたい。
誰かの足元を ほんのり照らす
そんな 雪明かりのような人になりたい。