スキップしてメイン コンテンツに移動

『夏休み』-詩

学生だった頃 夏休みになると
なぜか 楽しい事が起こりそうで
ワクワクしてた。

だけど 結局 何も起こらなかった。

「何もしない人のところへは
遊びの神様はやって来ない!」

小さな現実を知った
ほろ苦い 夏の日の思い出。

このブログの人気の投稿

『涙雨(なみだあめ)』-詩

たとえ 抱いた夢が
儚く消えたとしても
君の流した涙は
決して 無駄にはならない。

それは 君の痛みを癒やす
浄化の雨だから。
それは 君の夢を育む
希望の雨だから。

※涙雨(なみだあめ)=悲しみの涙が化して降るとされる雨の事。

『恋の秘め事』-詩

もし あなたに好きな人がいたとしても。
もし あなたが振り向いてくれなくても。
それでも 私は またきっと
あなたに恋をするでしょう。

それは 誰かを愛している人だけが持てる
恋の秘め事。

『打ち上げ花火』-詩

お揃いの浴衣姿で 見上げる夜空に
光の踊り子たちが 舞い踊る

解き放たれた 七色のオーラに包まれて
私は そっと願いの言葉をつぶやくの

つないだ その手の温もりが
見つめる その瞳の輝きが
どうか このままずっと 永遠でありますように